東京都東久留米市の「成田整体マッサージ」です。肩こり、腰痛、骨盤矯正、婦人科系、妊娠中、産後ケア,妊活中の方はお任せください。 NPO法人 日本妊産婦整体協会会員として妊婦さんでも安心して受けられる整体院を目指しています。妊娠中や産後のお悩みも安心してご相談ください。東久留米市、清瀬市、ひばりヶ丘、西東京市にお住まいの方も気軽にお越し下さい。

  • 東久留米 整体 子供に出される喘息の薬 薬注意

    2019年10月2日

    こんにちは
    妊活、妊婦専門治療家の成田整体マッサージの成田です


    今日は子供に出される
    オノンとキプレスというお薬について書いていきます。


    この薬は主に
    作用機序として
    ロイトコリエンという(アラキドン酸という炎症物質から作られる物質)
    化学伝達物質を(気管収縮因子)を遊離抑制する。(収縮させない)

    ロイコトリエンというのは細菌感染を起こした時に
    白血球を(戦う細胞)あちこちに向かわせる作用があります。

    細菌をやっつけるのにやくにたちます。

    例えば気管支炎を起こした時にそこに白血球を
    送ります。
    戦わせます。

    そして、気管支なので、肺に菌が行ったら肺炎になるので
    気管を収縮します。
    そうやって肺に菌がいかずに、気管で細菌をやっつけます。

    なのでロイコトリエンは必要な物質の一つです。

    だけどこれを抑えるというのが今回の薬です。

    これを抑えてしまうとどんな影響があるかと言いますと
    情緒不安定、不眠、幻覚の影響があります。

    もちろんストレスなどからもこのような影響はありますが、
    しっかり食べて、寝て、遊んで、ストレスも少なくなったのに
    まだこのような状態があるときは、
    薬の影響もあります。

    さらに劇症肝炎や、血小板現象アナフィラキシーショックも起こりやすくなります。


    間質性肺炎や
    好酸球肺炎を起こしやすくなります。
    これは細菌で起るのではなく、
    アレルギーで起こります。

    なので、オノンとキプレスを使いすぎると、アレルギー反応が出て、
    肺炎になる可能性もあるということです。

    怖いですよね。

    そして、薬はほとんどが脂肪細胞に取り残されます。
    そそて何らかの影響で血液中に流れる。

    血液から細胞に反応するとアトピーになったりします。


    これを助ける対処法をお伝えします。


    食べて、寝て、運動をして、
    お風呂と入浴して、
    軽度な運動を心がける。
    皮膚刺激をすると良い。


    これらを気をつけていく事で、
    薬から離脱できます。

    日常生活を気をつける事はとても大事です。
    あなたの健康が保たれますように


    成田整体マッサージ   成田政広

    登録はこちら
    登録はココをクリック

    妊活専門の動画はこちら

    妊活動画はこちら




    ラインでは、特典が満載です。
    初回の料金が割引が効いたり、
    2回目も安くなる特典もあります。

    登録はこちら
    ラインの登録はこちら

    その都度、特になる情報をお伝えしていきますので、

    登録お願いします。
    —————————–