東京都東久留米市の「成田整体マッサージ」です。肩こり、腰痛、骨盤矯正、婦人科系、妊娠中、産後ケア,妊活中の方はお任せください。 NPO法人 日本妊産婦整体協会会員として妊婦さんでも安心して受けられる整体院を目指しています。妊娠中や産後のお悩みも安心してご相談ください。東久留米市、清瀬市、ひばりヶ丘、西東京市にお住まいの方も気軽にお越し下さい。

  • 足の捻挫で気付いて欲しいこと

    2016年12月2日

    皆さん足の捻挫はしたことがありますか?

    私は中学生の頃と、東京の接骨院で働いている時と2回したことがあります(笑)。

    結構痛かったです(笑)。特に中学の時は捻挫が初めてでしたので、とりあえず接骨院に行きました。
    そこで機械当てて包帯巻いて終わった記憶はあります(一回きりで行くのを辞めました)。

    そのときにあまり捻挫について教わらなかったので、家に帰って足首が痛かったから、家にある湿布を貼りました。
    そしたら、その数時間後に物凄く痛くなりました。

    なぜかというと、湿布は湿布でも、温湿布を貼っていたからでした。
    このときに足に熱感があるときは、温湿布はいけないと言うことがわかりました。

    なので皆さんは、熱感が引くまでは、冷湿布を貼ってくださいね(笑)
    少し私の失敗談を話しました。
    まぁ~ここまでは常識的に皆さん知ってますよね。


    次は東京での捻挫の気付きです。
    このときは、マッサージ鍼の国家資格も取り、接骨院で修行していて捻挫に対する知識もありました。

    このときに気付いたのは、足首をまっすぐして歩くと痛くないです。

    これはなぜかといいますと、捻挫は足首を捻って、足首を保護する靱帯というのが自分が伸びる事が出来る範囲の可動域を超えて損傷したときに起ります。

    なので、まっすぐ立っている状態の時は足首の靱帯はニュートラル(中間)な状態にあります。

    ということは、歩いてるときに足首が外に曲がったり、ねじったりしないで、つま先をまっすぐの状態にして歩くと痛くはないのです(靱帯の損傷箇所や重症度によっても違いますが)。

    なので、捻挫をした時は歩き方を見直すチャンスだと思ってください。そう思うとツイてますよね!!

    なぜ歩き方を見直さないといけないのか?
    それは
    ①歩き方が悪いことで身体のバランスがくずれ、腰痛になったり、肩こりになったりします。
    ②歩き方が悪いことで変形性膝関節症や変形性股関節症にもなりやすなります。
    ③靴のかかとの外側ばかりすり減ります。
    ④足首も不調を起こします。
    ⑤内転筋も弱くなります。そこから腰痛、膝痛になりやすいです。

    このように長い目でみて身体の不調を起こします。

    なので大事なのです。


    話は戻しますが、私が捻挫したときは自分でいうのもなんですが、ひどかったです。だいぶ腫れました。足をつくだけで痛かったです。

    けど、
    ①足首を捻ってから48時間は炎症期だからその間は身体を治そうとするために腫れる。
    ②足首を捻らなければそれほど痛くない
    ③そして、包帯をしなくても、自分の足でしっかり踏み込んで歩いていた方が回復が早い。
    ④自分は自然治癒力がある。
    という知識をしていたので回復も早かったです。

    それと、早め(炎症期でも)に捻挫に対する整体も受けていたので回復は早かったです。


    当院でも捻挫の治療しております。骨の位置を合わせるだけでも回復は早まります。

    なぜいきなり捻挫の話をしたかといいますと、たまたま患者さんが捻挫してその治療をして、歩きやすくなったからです。

    そのような症状でもお待ちしております。

    補足① 炎症期の時は冷湿布も良いのですが、氷水を作り(ビニール袋に氷を入れ、水を入れるとちょうど0度になります)、それで少し感覚がなくなるくらいまで冷やす(5~10分)。
    保冷剤だと冷たすぎて凍傷を起こす可能性がありますので、薄いタオルを引いてから冷やしてください。

    補足② 捻挫して数日後、どす黒い青たんみたいなのが出るときがあります。それは足首の毛細血管が切れて出血した後です。最後は足の裏の方に移動して、毛細血管に吸収されますからほっといても安心です。
    東京都東久留米市   成田整体マッサージ